な、なんと?ばあちゃんがダントツに安い♪

なるほどという内容でしたが、ためになりました!購入から1カ月以上経過しましたが、まだ読み終わっていません。私は女兄弟だけでそだったので、男兄弟のことは全くわかりません。特に初めての子供!男の子となれば。

これっ♪

2017年02月21日 ランキング上位商品↑

ばあちゃんカヨ子おばあちゃんの 男の子の育て方 [ 久保田カヨ子 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

時間を見つけて!じっくり読みたいと思います。3歳と0歳の男の子がいるので、自分がかつて「女の子」だった女親では経験でわかってあげられない「男の子」の参考になればと買ってみたのですが、私には拍子抜けする内容でした。そして読みやすいです。「しつけ」を50項目に渡って触れられていますが、自分が育てられている側だった小さい頃から経験して、今の育児でも普段から当たり前にしている事がほとんどで、改めて読むほどでもなく…ちょっとでも興味が持てたのは数の概念くらい。内容的には支持できる部分が多かったです。最新なのかと思い購入したら!1983年の連載をまとめたものでした。きっかけは、もうすぐ5歳になる長男のしつけについて考えていた時に、こちらの本を知りました。でも、「叱らない育児」とか「話せばわかる」とかが好きな方には、反発買う部分もあるかもしれません。こんな子育てもあるんだな、頭が良い子を育てるには母も努力して継続させなくちゃいけないんだなってことはわかりました。当たり前といわれても!子供への接し方っていろいろ悩んじゃいますよね。カヨ子ばあちゃんに興味深々子育てに悪戦苦闘している友達へのプレゼント読ませてもらいましたが!気持ちがすっきりして!なるほど!!!と思います。私自身も二児男児の母ですが、毎日これでいいのかなあ??と迷ってばかりいましたが、この本を読んで、ああやっぱりよかったんだ!と思えてとても勉強になりました!!一歳半のうちの子にはまだ早かったのかもしれません。わたしはこれを読んで!どんな男の子したいかハッキリわかって無かったことに気づきました。上の子は女の子で育児書も見ないで育てていましたが運良く上手く育ってくれました。 2 テーマごとに3ページの内容 3 当たり前と思っていたことも、論理的でわかりやすい 4 科学では子育てはできないと最初に言われている日々忙しくされているお父さん、お母さん、子育てを終えられたおじいちゃん、おばあちゃん、おすすめです。やはり親を育ててくれるのはこどもなんですね。ほんと男の子の育て方は難しい…まだ読んでないですが、かよこばぁちゃんの知恵を盗みたいと思います(笑)レビューを書かない自分が、是非レビューを書きたいと思える本でした。二人目も男の子なので!とても役に立ちそうです。願わくば!全部(笑)。でも!女の子にはそういうの向いてるけど!男の子にはどうかな〜!と個人的には思いますね。特にどきっとしたのは、成長する我が子に対して親も精進しなければ負けてしまう、というくだり。レビューがどのサイトも少なく、また、評価もそこそこだったので正直購入を迷いました。すぐに届きました。おすすめの理由は!次のとおりです。子育てしている皆さん!これを読んでがんばりましょう!男の子が生まれたので!購入しました。私は男の子を三人育て全て結婚し孫が七人います。買って1ヶ月以上経ちますが!まだ読み終わってません。科学では子育てできません、と冒頭で断ってありますが文字にしてあると随分すんなり入ってくるものです。他で買うより早く届くので有難いです。子育て真っ最中の日々忙しい親としては!ハッと気づかされることが多く!とても参考になっています。カヨ子ばあちゃんのことはTVで何度か拝見していましたので!迷わず購入。すんなり読めて、わかりやすい本です。何が「脳科学おばあちゃん」だ。四歳と一歳の兄弟の母です。 1 大切な所に太字!色マーカーがある。本書では具体的に例をあげ!対処法が記してあります。当たり前のことを当たり前に書いてあるだけです。読んでいて気持ちがすっきりしました。子供と接した経験や知識がない方には役に立つかも。まだ読み始めたばかりですがなるほど!って事ばかりです。男の子をどう立派な人間に育てるか(育てたか)…が1番の目的の本なのかな?と思いました。 しかし下の子は男の子で、どんな風に育てていいのかどんな風に接していいのかわからないので買ってみました。その中で男の子が一人なので、子供への育て方の教本と思い購入しました。育児に時代は関係ないのでしょうが…目新しさを感じるはずもなく…はじめての子育て中の方は一度読んでもいいかもしれませんが、第二子第三子の方は今さら読まなくてもいい感じです。。1983年に産経新聞で連載されたコラムを2012年に加筆修正された本だそうで!育児書読むのが趣味だった私には目新しさがないのも納得です。思いやりのある子!勉強のできる子!運動が得意な子…。しかし!思い切って購入してみると!目からうろこ。子供が小さくゆっくり読んでいる暇がないということもありますが!集中して読みたくなるような内容ではないです。私はほのぼのする内容を求めていたことに読んて気づきました。